一戸建て住宅の見積もりについて詳しく丁寧に解説するサイト『見積もり一戸建て住宅編』

●●●見積もり●●●

【相見積もり】

新築一戸建ての場合、見積もりは3社以上から取ることをおすすめします。
最低でも2社の見積もりは取りましょう。
1社だけだと比較する基準が無いので、見積もりが高いのか安いのかわかりません。
なにより1社だと、競争が無いので安くなり難いです。
複数の業者に相見積もりを出すことで、お互いが競争して安くなります。
できれば地元の工務店も含めて、3社以上が良いでしょう。

【競争】

同じ地域にあるハウスメーカー2社がライバル関係だとします。
顧客はこの2社両方に見積もりを取るケースが多いので、いつも勝負になります。
営業マンもライバルの競争相手が値下げしてくることを考え、見積もりでもギリギリの価格
を提示してくることになります。
同じ材料を使うわけでは無いので単純には比較できませんが、これだけで数百万円安くなる
場合もあります。

【相見積もりの効果】

相見積もりに大手ハウスメーカーや地元の工務店など、規模の違うところを含めることで、
一戸建てをを安く作るのか、安心感やアフターサービスを重視するのかなど、自分の考えが
明確になってきます。
また複数の会社に見積もりを依頼することで、各社の設計の良いところがわかるといった
メリットもあります。
各社良いところもあれば悪いところもありますので、複数のプランを比較することで問題点
を解決することができ、各社の良いところを取り入れることが可能になります。