一戸建て住宅の見積もりについて詳しく丁寧に解説するサイト『見積もり一戸建て住宅編』
一戸建て住宅の見積もりについて詳しく丁寧に解説するサイト『見積もり一戸建て住宅編』

一戸建てを建てる際、家づくりのパートナーとなるハウスメーカーを選ぶのに大切なのは、
予算内で希望を最大限に生かしてくれる1社と出会うことです。
そのために有効なのが、複数の会社から相見積もりを出してもらうことです。
複数の提案を比べることで、家づくりにかかる費用の相場感もつかみやすくなります。
しかし提示してもらった見積もりをしっかり理解できなければ、よりよい一社を選べない、
費用の総額がつかめない、なんてことになってしまいます。
このサイトではそんな失敗をしないよう、家づくりを成功させるための見積もりの取り方、
比べ方を解説しますので、ハウスメーカー選びに役立てて下さい。

【PR】そろそろ一戸建て
アールギャラリー 愛知県名古屋市天白区原2-507
住む人の夢を叶えるデザイン住宅。憧れのガレージハウスも。
http://www.arrgallery.jp/

見積りの基礎知識

建築に必要な費用には、本体工事以外にも解体、外部給排水、照明やカーテンなどの内装、空調、ローンや登記、引越しの費用など多岐にわたります。

本体価格

新築一戸建てを依頼しようと考えるのであれば、まずその費用がどれほど必要になるのか、その費用の内訳を知っておきましょう。

諸費用

住宅会社によってはおよその諸費用を入れた資金計画書を提示してくれますが、小さな会社では諸費用の計算まで提示しない場合もあります。

相見積もり

新築一戸建ての場合、見積もりは3社以上から取ることをおすすめします。最低でも2社の見積もりは取りましょう。

トータル予算の把握

大きな会社なら、資金計画書といった形で本体価格と付帯工事費、別途工事費や諸費用などをまとめて提示する会社が多いといえます。

総額で比較

見積もりを別の業者に依頼した場合、本体価格は相場以下でも、トータルのコストが相場を上回ってしまう可能性があります。